静岡デンタルクリニック。静岡市駿河区小鹿。静岡県立大学短期大学部すぐの予防歯科なら静岡デンタルクリニック、東静岡駅より車7分(徒歩18分)。むし歯を防ぐ予防歯科に本気で取り組んでいます。

予防歯科

歯を削る治療から、生涯使い続ける「予防歯科」へ

preventive-img01静岡デンタルクリニックでは、むし歯や歯周病などのトラブルが起きてから治療するのではなく、トラブルが起こる原因を取り除くことで健康的な口腔状態を維持していくための定期的な検査・予防歯科をおすすめしています。

当院は「歯とお口の健康を積極的に守るために定期的に通う」という、予防型歯科医院を目指しています。
口腔内診査、X線写真、唾液検査などから、その人固有の「リスク」(むし歯や歯周病のなりやすさ)を評価し、ブラッシングや間食の取り方などのアドバイスを行い、生活習慣病へのリスクを軽減することが予防と考えます。

正しい歯みがきの指導やクリーニング、検査等を受けることにより、高齢になっても自分の歯で食べることができ、むし歯や歯周病にかかる可能性も低くなります。
最初は小さなむし歯でも期間が経つにつれてどんどん大きくなっていってしまいます。
むし歯が進行して神経に達してしまう前に治療をし、少しでも多くの自分の歯を残すためにしっかり予防していきましょう。

むし歯や歯周病が与える悪影響

むし歯や歯周病を予防しないでいると、早産の危険性や、口臭が原因で人間関係が悪化したり、認知症のリスクが高くなることも。

あなたやあなたのお子さんの健康や生活に大きな影響があるのです。

出産時のリスクが高くなる

妊婦近年、さまざまな歯周病の全身への関与がわかってきました。
なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。その危険率は実に7.5倍にものぼると言われています。
生まれてくる元気な赤ちゃんのために、歯周病予防に取り組みましょう。

人間関係が悪くなる

人間関係イメージ口臭の原因の大半は歯周病です。自分ではなかなか気づけない口臭は、周りからも指摘されにくく、それが原因で人間関係が悪化してしまう恐れがあります。

好きなものを美味しく食べられなくなる

おいしく食べるイメージむし歯や歯周病が原因で総入れ歯になると、自分の歯で噛む場合の1/4しか噛めないと言われています。
そのため固いものが食べづらくなり、好きなものを食べられなくなってしまいます。

認知症になりやすくなる

認知症イメージむし歯や歯周病で歯を失うとよく噛むことができなくなります。その結果、脳への刺激が少なくなり、認知症になりやすいと言われています。
最も認知症になる危険が高いのは、歯の本数が減っているにもかかわらず義歯を使わない人で、義歯を使っている人に比べはるかに危険度が高いことがわかっています。
大切なのは、歯を大切にし、歯の本数を減らさないこと、そして、歯の本数が減った時、義歯を使って咀嚼する能力を補てんすることです。

いかがですか?
あなたやあなたのお子さんが、将来にわたって健康な生活を送るために、むし歯や歯周病を防ぐことはとても大切なのです。

予防歯科のポイント

口腔内環境は一人ひとり違う

むし歯は歯みがきだけで予防することはできません。むし歯になる原因を探し出し、それに対し予防を行います。当院では唾液検査によって科学的に原因を調べ、ベストな治療をご提案します。

リスク検査・唾液検査で原因を調べる

ご自宅でのセルフケアと、歯科医院でのプロフェッショナルケアの2つが大切

正しい指導に基づいた毎日の歯みがき「セルフケア」と、お口の中を扱うプロが専用器具を用いて行う歯のクリーニング「PMTC」の両方で「予防歯科」を実践しましょう。

歯のクリーニング「PMTC」

強い歯を育てる

歯の健康を守るための大切な成分、それが「フッ素」。お茶などにも含まれている元素のひとつで、骨を作るためには欠かせない役割を持ち、むし歯予防にも高い効果があります。

フッ化物塗布でむし歯を予防

生活習慣病予防にも

歯周病は糖尿病などの生活習慣病との関連性が高いと言われています。歯の健康を守ることは、全身の健康へとつながることに。また生活習慣病の予防を高めると、歯の健康を守ることにもなります。
また昨今では、むし歯や歯周病それ自体も歯みがきや間食などの生活習慣によって発症が左右されるという考え方が広まってきています。

生活習慣についてのアドバイス

歯のことでお悩みの方はこちら TEL 054-286-1110 月~金10:00 - 19:00 [土・日・祝日休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+